Grand Circle 2013年 Part 13

2013年7月
DSCF1949-fc2.jpg
 モニュメントバレーはナバホ居留地なので見学コースも一般車は入れません
ナバホのツアーガイドが運転する車で入ります、半日コースかな?一番遠くまで
ぐるっと廻るコースに乗りました友達と合計5人なので貸切です。
DSCF1969-fc2.jpg
 ここは多くの映画の撮影場所になってます、古くは戦前の駅馬車から最近の
ローンレンジャーまで・・・ここはJonFord'sPointです、特に西部劇等で良く使われ
て居たので60年代前半まで近くのネバダ州で行われて居た核爆弾の実験で
多くのアメリカンネイティブや映画の俳優やスタッフが被爆していました、特に
ジョンウエインとかスティーブマックイーンなど癌で早く亡くなり関連の書籍が
出版されてます。
DSCF2013-fc2.jpg
 このような屋根付きのピックアップ・トラックで廻ります、まあ雲一つない快晴の
天気はかなりの紫外線も受ける事になるでしょうね。
DSCF2015-fc2.jpg
 テーブルマウンテンのように見える所は風化や侵食で堆積層が残った所、
良く見ると殆どの所で崩れ落ちた岩石がそのままになっており落ちてからも
風化や侵食が続きご覧のように丸くなってます。

Grand Circle 2013年 Part 12

2013年7月
DSCF1891-fc2.jpg
 朝、アリゾナ州の最北部ページを出発しアンテロープキャニオンを見学し
この日はモニュメントバレーの中心カイエンタの町まで・・、・ここはナバホの
居留地で自治権を持ってます。
DSCF1914-fc2.jpg
 夕日が沈むモニュメントバレーを見に来ました、この広大な日本に居ては
想像も付かないような感覚で風景が有ります。
DSCF1926-fc2.jpg

Grand Circle 2013年 Part 11

2013年7月
DSCF1775-fc2.jpg
 アンテロープキャニオンは先日のブライスキャニオンやこれからのモニュメント
バレーとは全く違い広大とか壮大とかではなく狭く小さいのですが・・・・・。
DSCF1829-fc2.jpg
人が写っていないと自分がどんな所から撮ったのか分かりません!
DSCF1738-fc2.jpg
 極度に乾燥しているのでこんな事が・・・・・・見えます。

Grand Circle 2013年 Part 10

2013年7月
DSCF1722-fc2.jpg
 アンテロープキャニオンはとにかく通路が細く急な所があります、そしてその
年の雨によりどう流路が変わるか分からないので整備するのも大変そうです。
DSCF1856-fc2.jpg
画像を見ると狭い所で抽象的に見える地層の柄で上下、左右が良く分からなくなりそうです。
DSCF1809-fc2.jpg

Grand Circle 2013年 Part 9

2013年7月
 ユタ州のブラシスキャニオンから再びアリゾナ州へ入ります。
DSCF1709-fc2.jpg
 ここアンテロープキャニオンは最近は観光地として人気も上昇多くの日本人も
来ていますがここが観光地として人々が訪れ始めたのは1990年代に入って
から・・・・・まだ新しい観光地なのです、ここもナバホの居留区域になっているので
観光で入るにはナバホの許可が必要。
DSCF1717-fc2.jpg
 雨季にたまに降る大雨で地形が一変に変わってしまったりするので観光地として
整備するのが大変だったようです。
 ここもナバホの人達の管理下にあり勝手に入って見学は出来ません。
DSCF1772-fc2.jpg

鎌倉

2015年10月6日(火曜日)
 平日の昼間、由比ガ浜から少し稲村ヶ崎方面に歩いた所の
ヴィーナスカフェに・・・・行きました。
DSCF9863-fc2.jpg
 このチリビーンズ・ハンバーガー、大きくてチョット食べづらいです。

浅草松屋

2015年9月
DSCF9796-fc2.jpg
 古い日本映画やハリウッドの映画などに登場する浅草松屋で古い映画を
楽しむお仲間と飲み会です。
DSCF9838-fc2.jpg
 最近は東京スカイツリーやバブルの頃に建設したアサヒビールの本社ビル
(スタルクの設計)など面白い建物も増えて来ました。
DSCF9848-fc2.jpg
 帰りは地下鉄・銀座線浅草駅から帰ります、ここの地下街は相変わらず
の雰囲気です。
DSCF9855-fc2.jpg

デルソーレ

2015年9月14日(月曜日)
DSCF8835-fc2.jpg
 久しぶりに御茶ノ水・デルソーレで飲み会です、今回もLAの友達が仕事で
日本に来たので合間に飲み会。
DSCF8840-fc2.jpg
 いつものモンテプルチアーノ、イタリアワインです。
DSCF8845-fc2.jpg
 やはり最後はデザートですね。

Grand Circle 2013年 Part 8

2013年7月
DSCF1606-fc2.jpg
 大きなアーチ状の穴や天井に大きく穴のあいた岩山など穴のあいた所が
ブライスキャニオンに限らずモニュメントバレーとかあちこちに有るそうです
そう簡単にあかないと思うのですがどのような自然現象なんでしょうか?
DSCF1599-fc2.jpg
ここも落っこちたらアウトだろうな・・・・。

Grand Circle 2013年 Part 7

2013年7月
 ブライスキャニオン入り口には立派なビジターセンターが有ります、かなり
古くからあるようです。
DSCF1545-fc2.jpg
 ここもグランドキャニオンと同じで展望台のような決まった所から眺める
ようになっています、違うのは自分の車で入って来れるので便利ですが
入り口から一番奥のポイントまで30km位有ります。
DSCF1660-fc2.jpg
 見た感じもかなり脆い土壌のようです、乾燥地帯なので土砂崩れの心配
はそう滅多に無いでしょうが日本ではありえない風景です。
DSCF1652-fc2.jpg

Grand Circle 2013年 Part 6

2013年7月
DSCF1593-fc2.jpg
 ユタ州のブライスキャニオンへ来ました、ここはグランドキャニオンの有る
コロラド高原の北の端になるのか、かなりの田舎です。
DSCF1570-fc2.jpg
 グランドキャニオンのサウスリムが海抜2100mでこのブライスキャニオン
は海抜3000m位有ります、周りに高い山など無い高原地帯なので実感が
ないです・・・高山病になりそう!
DSCF1568-fc2.jpg
 土壌の違いなんでしょうかグランドキャニオンとは風景が全然違います。

Grand Circle 2013年 Part 5

2013年7月
 結局サンフランシスコ空港からのUNITEDの便は次の日朝ラスベガス空港に
到着し合流しましたが荷物はまた別の便で午後にようやく着きました。
 ブライスキャニオンのホテルを予約して有るのでとにかく今日中に到着しない
となりません大急ぎで向かいます。
DSCF1511-fc2.jpg
 途中、給油と小休止さらに走り続けます、こんな風景ばかりですが・・・これだけ
の地層に堆積するのにどれ位掛かるのだろう・・・。
DSCF1514-fc2.jpg

世田谷美術館

2015年8月13日(木曜日)
DSCF8650-fc2
 小学校の同級生のお父さまの作品が展示されて居ると言う事で
同級生のお仲間と観に行きました。戦後すぐにフランスへ絵の勉強
に行った人達の特集です。
IMG_20150814_fc2
 しかし世田谷美術館は交通の便が非常に悪い不便な所です。
横須賀線・大船→横浜→東急・東横線→自由が丘→東急・大井町線→
二子玉川→東急・田園都市線→用賀、用賀駅から東急バスで美術館へ
でも終点の停留所は世田谷区の清掃工場前さらに歩いて行かないと
なりません・・・・疲れました。

Grand Circle 2013年 Part 4

2013年7月
 本日は同行の友達の奥様と合流予定、ラスベガス空港へ迎えに行ったのですが
到着便にサンフランシスコからのUNITED航空の便が表示されて居ないのですよ!
カウンターに確認に行ったらサンフランシスコ空港が閉鎖されていて飛べないと!!
DSCF1480-fc2.jpg
 搭乗予定の便が出発する直前にサンフランシスコ空港に着陸予定のアシアナ航空が
着陸に失敗炎上してしまったのです!今日のラスベガス到着は無理となりました。
lv-1-fc2.jpg
 これは1957年のラスベガス、ネオンのデザインが時代を感じますが道路が狭い
ですねこの場所が現在何処なのか分かりませんが道路だけは広くなったようです。
DSCF1466-fc2.jpg
プロフィール

newsboy47

Author:newsboy47
FC2ブログへようこそ!
暇人のブログです、デジカメ画像や水彩画を中心に鎌倉から発信して行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1274位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
402位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR