Paris・25 2017年

2017年5月30日(火曜日)

 モンマルトルの裏道を歩いていたらフレデリック・ダール公園と言う小さな公園が有りました、この時期
バラやさくらんぼ、ビワなどが有りましたが・・・フレデリッキ・ダールって誰なのと思い帰ってから調べた
所50年代、60年代に活躍したミステr-小説家だったのです。
 日本ではミステリー小説の出版で有名な早川書房から”フラン式捜査法”と言うのが一冊出版されて
居るだけのようです。やはりフランス語特有の言い回しやスラング、隠語などとても翻訳しずらかったよう
です。
 その人の名前の有る公園とは・・・ここに住んでいたのでしょうかね??

IMG_2572-fc2.jpg

DSCF0433-fc2.jpg

DSCF0437-fc2.jpg

IMG_2568-fc2.jpg

IMG_2571-fc2.jpg

Paris・24 2017年

2017年5月30日(火曜日)

 モンマルトルはサクレクール寺院やテルトル広場は世界中から観光客が集まりますがちょっと
離れるといかにもモンマルトルな風景が有ります。

DSCF0430-fc2.jpg

DSCF0432-fc2.jpg

DSCF0439-fc2.jpg

Paris・23 2017年

2017年5月30日(火曜日)

 4世紀頃ローマ帝国のローマから宣教師が派遣されましたがこの地で殺されその後切られた首を
持ってパリのすぐ北サンドニまで歩いたとか・・・そこに修道院が作られ祀られたとか。
 モンマルトルとはフランス語で殉教者の丘と言う意味だそうです

DSCF0421-fc2.jpg

 遠くにモンパルナスタワーが見えます。

DSCF0423-fc2.jpg

 観光客も大分増えて来ました。

DSCF0426-fc2.jpg

 パリの街では朝のうち側溝から勢い良く水を流し側溝に溜まった落ち葉やゴミをながしてしまいます。
 
DSCF0427-fc2.jpg

IMG_2561-fc2.jpg

 テルトル広場の真ん中は現在柵に囲まれてレストランのようになってますが昔はこんなの無く絵描き
さんたちが自由にイーゼルを立てたりスケッチブック広げたりしてました。

Paris・22 2017年

2017年5月30日(火曜日)

 モンマルトルはれっきとした丘なので坂道、階段ばかりです、しかも道路は狭くこの地区を
走るバスは普通のバスよりかなり小さいです。

DSCF0397-fc2.jpg

DSCF0398-fc2.jpg

DSCF0407-fc2.jpg

IMG_2553-fc2.jpg

IMG_2559-fc2.jpg

Paris・21 2017年

2017年5月30日(火曜日)

 サクレクール寺院の入り口になるメトロのANVERS駅界隈はまだ朝早いので観光客の姿も
まばらです。

DSCF0383-fc2.jpg

DSCF0384-fc2.jpg

DSCF0391-fc2.jpg

Paris・20 2017年

2017年5月30日(火曜日)

 この日はホテルからすぐのモンマルトル界隈を歩く事にしました。

DSCF0369-fc2.jpg

 ホテルの階段、ちゃんと小さなエレベーターも有りますが・・・。

DSCF0375-fc2.jpg

 ホテルの前の小さな公園・・この花の名前は??

DSCF0382-fc2.jpg

 近くのカフェで朝食、働いている人はアフリカ系の人達なんですが何語でしゃべっているのかサッパリ
分かりません。

IMG_2541-fc2.jpg

Paris・19 2017年

2017年5月29日(月曜日)

 ホテルの周辺はサクレクール寺院から真っ直ぐ降りて来た辺りで下町と言うか遅くにも店を開けている
カフェや雑貨屋が多いので便利です、とにかく最近のパリは世界中の民族が集まったのではないかと
言うかんじです、ニューヨークが以前から人種のるつぼと言われて居ましたがトランプ政権になった
アメリカに比べるとヨーロッパは全然違うような感じです。

DSCF0356-fc2.jpg

DSCF0357-fc2.jpg

DSCF0359-fc2.jpg

DSCF0364-fc2.jpg
 
 最近のビールはアルコール分が7%以上のものが流行っているようです、美味しいです!!

Paris・18 2017年

2017年5月29日(月曜日)

 ランスからTGVで一時間弱でパリに戻りました、この日からはモンマルトルのサクレクール寺院
から真っ直ぐ降りてきた所のホテルです、いかにも昔からのホテル・・・窓からは中庭しか見えません。

DSCF0354-fc2.jpg

DSCF0347-fc2.jpg

DSCF0348-fc2.jpg

DSCF0353-fc2.jpg

Reims・11 2017年

2017年5月29日(月曜日)

 ランスの市電ですが架線が無いのです、調べて見たら線路の真ん中の第三軌条から集電して
いるようなんですが感電しないの??と、ちょっと怖いですが・・・。
 トゥールの市電も良く見るとパンダグラフが無いですし同じように第三軌条が有るので同じ
システムのようです。

DSCF0341-fc2.jpg

DSCF0342-fc2.jpg

DSCF9282-fc2.jpg

 これはトゥールの市電です。

DSCF9242-fc2.jpg

 昔のOゲージの鉄道模型みたいに真ん中の第三軌条から集電しているようです。




Reims・10 2017年

2017年5月29日(月曜日)

 第二次大戦の時に帰国していた藤田嗣治は陸軍の為に戦争画を多く描きそれが本意も
理解されず戦争画家とレッテルを貼られ追われるようにフランスへ戻りもう二度と日本へは
帰らないと1959年72歳でここランスの大聖堂でカトリックの洗礼を受けました。
 彼の死後パリ郊外のアトリエから日記が見つかりそこにランスの礼拝堂に骨を埋めて
欲しいと書かれていたそうです。

DSCF0324-fc2.jpg

DSCF0320-fc2.jpg

DSCF0309-fc2.jpg

DSCF0309-1-fc2.jpg

 黄色の矢印は藤田本人です。

DSCF0298-fc2.jpg

 ステンドグラスはランス大聖堂のシャガールのステンドグラスを手がけたルネ・ラルーのもの。



Reims・9 2017年

2017年5月29日(月曜日)

 ランスの借りたEuropecarsのレンタカー、オペル・アストラを返却し藤田嗣治の最晩年に作った
礼拝堂を見に行きます、レンタカーの営業所から歩いて5分位です。
 ランスはシャンパンの中心地、藤田がG.H.MuMMのルネ・ラルーから依頼を受け礼拝堂の室内
全面にフレスコ画を描きました。

DSCF0330-fc2.jpg

DSCF0292-fc2.jpg

DSCF0296-fc2.jpg

DSCF0297-fc2.jpg

DSCF0305-fc2.jpg




Reims・8 2017年

2017年5月29日(月曜日)

 ナンシーからランスへ途中、高速道路のチョッと大きなサービスエリアに入りました。

DSCF0270-fc2.jpg

 シムカ1000ラリー2に囲まれた我々のレンタカー、オペル・アストラ。シムカ1000は60年代
に結構はやった車です、そのスポーツバージョンがラリー2ですシビエのスーパーオスカーが
かっこ良いですね。

DSCF0275-fc2.jpg

 アウディR8スパイダー、R8はたまに見かけるのでこんな高い車でもそこそこ売れるのですね。

DSCF0276-fc2.jpg

 中国からずーっと走ってきたのでしょうか!?中国ナンバーのキャンピングカー、ヨーロッパとは
地続きですからね・・・、中華鍋で何か料理してましたが長旅になりますよね。

DSCF0281-fc2.jpg

 サービスエリアの中で高速道路の案内、sanefは日本で言うnexcoのようなものでしょうね。


Nancy・6 2017年

2017年5月28日(日曜日)

 ナンシーの街は世界遺産にも指定されていてとても綺麗な古い街です、車を置きぱなしで
歩いているのでそんなに遠くまでは行けませんが歴史を感じる街が良いです。

DSCF0209-fc2.jpg

DSCF0218-fc2.jpg

DSCF0266-fc2.jpg
 
 今では代表的フランスのお菓子となったマカロンですがその発祥の地はここナンシーです
パリなどで見るマカロンと違いクリームは使って居ません、その有名なお店に来たのですが
まだ閉まって居ます。

M3-16-fc2.jpg

M3-17-fc2.jpg



プロフィール

newsboy47

Author:newsboy47
FC2ブログへようこそ!
暇人のブログです、デジカメ画像や水彩画を中心に鎌倉から発信して行きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
2072位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
653位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR